スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年度白山社会学会大会で研究発表を募集します


2017年度の白山社会学会(年次大会)は、
7月22日(土)13:00~ 開催を予定しております

(例年通りの7月第4週です。
会場は東洋大学白山キャンパス内、6203教室です)。

学会年次大会での研究発表の募集を以下の要領でいたします。

発表をご希望の方は、6月30日(金)17:00までに、
運営事務局までメールにてご応募ください。


その際に、
①発表者氏名
②ご所属
③発表題目
④連絡先(メールアドレス、電話番号) をお知らせください。

発表は、1人あたり30分、共同発表の場合は40分の持ち時間とします。
単独発表の場合は発表を20分・質疑応答10分の割合で勘案下さい。


準備の関係上、誠に勝手ながら応募の期限は厳守で願います。
以上、よろしくお願いいたします。

白山社会学会運営事務局
hakusansoc@gmail.com
スポンサーサイト

平成28年度 白山社会学会 大会のお知らせ

お知らせが遅くなりましたこと、お詫びいたします。
皆さまふるってのご参会をお待ちしております。

開催日時  平成28年7月23日(土) 13時開場、13:10~17:30
会   場  東洋大学白山キャンパス1号館7階 1705教室
   http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

プログラム:
開会挨拶 13:00  
総合司会 伊達康博(帝京大学)

研究発表の部 13:10~15:20
司会 大倉健宏(麻布大学)
・ 柳井猛晶(東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程)13:10~13:40
「広告主への分析視角 ─記事「広告主が『広告』主でなくなる日」からの考察-」

・保科俊(東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程)13:40~14:10
「誤報に関する一考察 ―誤報の要因抽出を中心として―」

・渡辺芳(東洋大学)・高橋奈佳(東洋大学)14:10~14:50
「2000年代における野宿者の生活 -首都圏A施設の利用状況から-」

文学部社会学科開設70周年企画 
「東洋大学80年史を読みながら、卒業生に聞く」 15:00~17:00
大野正子氏(奥田道大先生と同期)ほか
聞き手:松本誠一、参加者
(本学社会学部は70年前に文学部社会学科としてスタートしました。
学部の「歴史」を語っていただきます。)

総会と閉会挨拶 17:00

懇親会 18:00 
会場 「あずま」 (白山5-36-7) 地下1階 パーティールーム
http://bimi.jorudan.co.jp/shop/55273/
懇親会からのご参加も歓迎です。
(会費は一般3,000円、院生・非常勤は1,000円、当日になってからのご参加も可能です)

※大会参加費は不要です。ふるってご参加ください。

白山社会学会運営事務局
hakusansoc@gmail.com

2016年度白山社会学会大会での研究発表を募集します

2016年度の白山社会学会(年次大会)は、7月23日(土)13:00 より開催いたします。
会場は東洋大学白山キャンパス、1号館7階1705教室です。
受付は12:30~から行います。

学会年次大会での研究発表の募集を以下の要領でいたします。
発表をご希望の方は、6月30日(木)17:00までに、運営事務局までメールにてご応募ください。

その際に、
①発表者氏名(共同発表の場合は代表者、および代表者以外の発表者氏名)
②ご所属
③発表題目
④連絡先(メールアドレス、電話番号) をご記入ください。

発表時間は、個人発表が20分、共同発表が30分とし、
発表の後、質疑応答の時間(10分)を予定しています。

準備の関係上、誠に勝手ながら応募の期限は厳守で願います。
以上、よろしくお願い致します。

平成27年度 白山社会学会 大会のお知らせ

お知らせが遅くなりましたこと、お詫びいたします。
今大会は、東洋大学アジア文化研究所(所長松本誠一)との共催となります。
皆さまふるってのご参会をお待ちしております。

開催日時  平成27年7月25日(土) 13時開場、13:20~17:30
会   場  東洋大学白山キャンパス6号館 受付6307教室
共   催  東洋大学アジア文化研究所

プログラム
開会の辞 13 :20 (6309教室)

第1部 東洋大学アジア文化研究所学術シンポジウム(6309教室 13:30~14:20)
司会 植野 弘子(東洋大学)
○松本 誠一(東洋大学)
「趣旨説明<国境をまたぐ生活スタイル> 東アジア・東南アジア・南アジアの事例を通じて」

○太田 心平(国立民族学博物館民族社会研究部)
「移住への渇望 -21世紀の韓国人外国居住者のユートピア性」

第2部 白山社会学会 研究発表の部(6310教室 14:30 ~16:45 )
司会 横山 寿世理(聖学院大学)
○荻 翔一(東洋大学大学院社会学研究科博士後期課程)
「韓国系キリスト教会と在日コリアン・コミュニティ ―東京都荒川区を事例に」

○牧野 修也(神奈川大学)
「ローカルアイデンティティ形成の基盤としての農山村祭礼 -長野県南佐久郡小海町親沢集落人形三番叟を事例にして」

(休憩 15:30~15:45)

○小川 祐喜子(東洋大学)
「若年無業者支援からみる支援者の様相 ―地域若者サポートステーションの事例研究を通して」

○福田 朋実(東洋大学現代社会総合研究所)
「日本の新聞社説における『靖国問題』に関する質的分析
―3大紙が取り上げた『首相参拝』の争点化の変遷(1975〜2014)を中心に- 」

総   会(17:00 ~17:20)
閉会の辞(17:20 ~17:30)
懇 親 会(18:00 ~20:00) 会場:8号館 1 階 TRES DINING

2015年度白山社会学会大会での研究発表を募集します

2015年度の白山社会学会(年次大会)は、
7月25日(土)13:00~ 開催を予定しております
(例年通り、7月最終週開催で、会場は東洋大学白山キャンパス内です)。

学会年次大会での研究発表の募集を以下の要領でいたします。
発表をご希望の方は、6月29日(月)17:00までに、運営事務局までメールにてご応募ください。

その際に、
①発表者氏名
②ご所属
③発表題目と要旨
④連絡先(メールアドレス、電話番号) をご記入ください。

発表は、1人当たり30分の持ち時間とします。
発表を20分・質疑応答10分の割合で勘案下さい。

準備の関係上、誠に勝手ながら応募の期限は厳守で願います。
以上、よろしくお願い致します。

白山社会学会運営事務局
hakusansoc@gmail.com

«  | ホーム |  »

プロフィール

白山社会学会

Author:白山社会学会
運営事務局
〒112-8606
東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部気付

事務局メールアドレス
hakusansoc@gmail.com
事務局メール対応
火曜日9:00~12:00

※下記カテゴリより選択して閲覧して下さい。

カテゴリ

お知らせ (15)
学会のご紹介 (1)
規約 (1)
役員一覧 (4)
年次大会 (13)
研究例会 (1)
白山社会学会の歴史 (2)
『白山社会学研究』投稿規定 (1)
『白山社会学研究』目次一覧 (6)
白山社会学会賞 (5)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。