スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年次大会 第1回(1983年)~第24回(2007年)

第1回
1983年11月26日(土)東洋大学甫水会館13:00~18:00
<総会>
<記念講演会>
福鎌忠恕(東洋大学社会学部教授)「オーギュスト・コントと愛の宗教―モデルニテとコント学説」
<懇親会>
<二次会>
白山「庄屋」
<三次会>
池袋


第2回
1984年11月17日(土)東洋大学甫水会館
午前の部
<自由報告>10:00~12:00
司会
清水浩昭
森田明美
報告者
井出裕久(東洋大学大学院博士後期課程)「中小企業の影響力構造―「統制グラフ法」の中小企業への適用の試み―」
高橋重郷(厚生省人口問題研究所)「死亡率の社会階層間格差の人口社会学的分析」
世良百子(川崎市役所)「五〇年代以降の福祉行政動向―特に保育行政の変質を中心にして―」
山路克文(高野山大学)「老人福祉施策の動向と課題―行政管理庁勧告―施設関係について―」
<昼食>12:00~13:00
午後の部
<総会>13:00~14:00
<特別報告>
テーマ「社会学部草創期の人と業績―田辺寿利、米林富男」
司会
高橋統一
報告者
藤木三千人(東洋大学)「東洋大学社会学科創設の頃の田辺寿利先生」
奥田道大(立教大学)「「フィールドワークの知」への志向―米林富男教授の全しごと―」
<特別記念講演>
テーマ「東洋大学における社会学の系譜について(「東洋社会学の人材と系譜―白山社会学会への期待―」)」
司会
山下袈裟男
講演者
磯村英一


第3回
1985年11月16日(土)東洋大学2号館第二会議室
午前の部
<自由報告>10:00~12:00
司会
穴田義孝
寺尾尚
報告者
溝口泰章(日本工業大学非常勤講師)「近郊都市における地域社会の結節機関と住民生活―東京都保谷市、埼玉県上福岡市の事例を通して―」
高尾公矢(聖徳学園短期大学)「家族形態の周期的変化に関する一考察」
高橋紀夫(佐久総合病院)「“農村地域における医療と福祉について”=長野県佐久総合病院を中心として=」
市川一宏(日本ルーテル神学大学)「地域福祉の現状と課題―東京都の七区市における老人福祉サービスの検討を通して―」
<昼食>
午後の部
<特別研究報告>13:00~
司会
斉藤昌男
松本誠一
報告者
西山茂「新々宗教の動向と展望」
菱山謙二「学園都市における住民意識の諸問題」
<特別記念講演>
那須宗一(淑徳大学学長)「高齢化社会と社会学」
<懇親会>
桃花源


第4回
1986年12月6日(土)東洋大学甫水会館9:30~
午前の部
<自由報告>
司会
森田明美
泉田満
報告者
山路克文(河内希望学園建設を進める会事務局)「「シルバービジネス」の現状と問題点―有料老人ホームにおける「終身介護」の限界について―」
山本和江(法政大学非常勤講師)「現代アメリカの結婚と家族」
杉本貴代栄(名古屋大学非常勤講師)「現代アメリカの家族と「家族政策」―社会福祉学の視点から―」
石丸純一(昭和薬科大学非常勤講師)「マグリブに於けるイスラーム信仰の諸形態」
鈴木緑郎(常葉学園短期大学講師)「わが国における特殊教育の現状と課題」
<総会>
午後の部
<特別研究報告>
司会
藤木三千人
西山茂
報告者
大坪省三(東洋大学)・池田正敏(東洋大学)「アキノ政権成立前後におけるフィリピンのバランガイ‐町内会最末端政府の構造と機能」
<奥田道大先生学位取得記念講演>
司会
藤木三千人
西山茂
テーマ「大都市の衰退と再生―フィラデルフィアの事例」
<望月衛先生特別記念講演>
司会
山下袈裟男
飛田徳三
テーマ「東洋大学時代以降の私(「ある心理学徒の足どり」)」
<懇親会>
泰平飯店


第5回
1987年11月28日(土)東洋大学甫水会館
午前の部
<自由報告>
司会
田中豊治
山路克文
報告者
張江洋直「<逸脱>論と相対主義―体験としての<逸脱>への帰還を巡って」
箙光夫(千葉明徳短期大学)「精神薄弱者施設「むさしの郷(社会福祉法人)」の実践課程―地域福祉への視座―」
中野茂(横浜市鶴見福祉事務所)「福祉事務所の現状と今後の行方」
竹村晃子
<昼食>
午後の部
<総会>
<特別研究報告>
司会
菅野重道
松本誠一
報告者
芳賀正明(東洋大学)「憑きもの・邪視・オマジナイ―病気の説明体系と民間治療」
壽田鳳輔(蒲田保健所長、東洋大学非常勤講師)「フランスの医学と治療」
<特別講演>
司会
山下袈裟男
講演者
福武直(東京大学名誉教授)「二十一世紀に向けての二つの課題―老人問題と婦人問題―」
<懇親会>
泰平飯店


第6回
1988年11月19日(土)東洋大学甫水会館
午前の部
<自由報告>10:00~12:00
司会
吉本充賜
喜多川豊字
報告者
中里操夫(北里高等看護学院非常勤講師)「社会教育と地域形成―富士見市における公民館活動と障害教育」
川瀬善美
壽田鳳輔(東洋大学非常勤講師)「アメリカの心理学の現況」
<総会>12:00~13:00
<昼食>13:00~14:00
午後の部
<シンポジウム>14:00~17:00
テーマ「社会問題としての福祉、介護、看護、保健医療―その課題と解決をめぐって」
司会
山下袈裟男
細井洋子
シンポジスト
山手茂(東洋大学)「社会問題としての福祉・介護・看護・保健医療」
宇留野功一(青嵐荘特別養護老人ホーム)「社会問題としての介護」
横手芳江(自治医科大学看護短期大学)「社会問題としての看護問題と看護従事者の課題」
米林喜男
コメンテーター
奥田道大
天野マキ
菅野重道
<記念講演>
司会
藤木三千人
講演者
岩井弘融「社会学研究の国際化にむけて」
<懇親会>
泰平飯店


第7回
1989年11月18日(土)東洋大学甫水会館
午前の部
<自由報告>10:00~12:00
司会
喜多川豊字
市川一宏
報告者
東秀子(東洋大学大学院社会学研究科博士前期課程2年)「タイ農村における女性の地位―東北タイ・ルーイ県の事例を通して」
大川正彦
山路克文(大阪医療秘書福祉専門学校)「「介護福祉」に関する一考察―介護福祉制度と雇用問題」
壽田鳳輔(東洋大学非常勤講師)「西欧からアメリカへのカァルチア・トランスプランテーション―特にサイコロジイを中心として」
<昼食>
午後の部
<総会>13:00~
<パネル・ディスカッション>~18:00
テーマ「アジア系外国人問題をどうとらえるか―本年度統一テーマ<東アジアにおける国際化>の一環として―」
司会
山手茂
西山茂
報告者
池田正敏(東洋大学)「海外出稼ぎ労働者の背景―あるフィリピン女性のばあい」
駒井洋(筑波大学)「調査研究者の視角―送り出し側と受け入れ側をつなぐもの」
奥田道大(立教大学)「アジア系外国人居住者と日本のコミュニティ」
前澤檀(東京都労働総合センター)「実践者の視角―労働行政の側から」
池田英夫(文京区福祉事務所)「実践者の視角福祉行政の現場から」
後藤千春(東京都立豊島病院)「実践者の視角―保健医療の側から」
<懇親会>
泰平飯店


第8回
1990年12月8日(土)東洋大学甫水会館
午前の部
<自由報告>9:30~
司会
田中豊治
佐藤豊道
報告者
堀口久五郎(都立精神保健センター)「ムラ社会における精神障害者を支える諸問題―埼玉県秩父地方における現代医療と信仰治療―」
森本佳樹(東京都社会福祉協議会)「地域福祉における情報化の意味と課題」
旭洋一郎(東洋大学児童相談室)「障害者福祉政策における自立概念いついて―肢体不自由者を中心として―」
新井克弥(東洋大学大学院博士後期課程)「「新人類」論としてみた場合の80年代若者論」
<昼食>
午後の部
<総会>
<シンポジウム>
テーマ「外国人労働者問題の新段階」
司会
前沢檀(渋谷労政事務所)
西山茂(東洋大学)
報告者
レナーテ・ヘロルド(外務省研修所講師)「外国人労働者・ドイツ事情」
池田正敏(東洋大学)「フィリピンにおける労働力輸出―政策、現状、展望」
市川藤雄(荒川区役所)「外国人登録の窓口から」
喜多川豊字(東洋大学)「外国人労働者問題の新段階―日系人の直接・間接雇用の葛藤―」
コメント
蓑毛フロリンダ・ナミ(東毛雇用安定促進協議会、日系ブラジル人)
ジャヒデュ・アンワル(東洋大学、バングラディッシュ留学生)
後藤千春(東京都立豊島病院、ケースワーカー)「外国人患者のこの一年間の変化―都立豊島病院から」
<懇親会>
桃花源


第9回
1991年11月30日(土)東洋大学白山校舎2号館140教室
午前の部
<自由報告>10:00~
司会
松本誠一
報告者
立柳聡「山形県尾花沢市毒沢の社会構造―マキ、オヤグマキ・契約組をめぐって―」
山路克文(医療法人橘会東住吉森本病院医療福祉課)「低医療費政策下における福祉問題―医療相談の機能と現実―」
<国際学会の動向>
司会
坪井健
報告者
米林喜男「国際社会学気機構世界会議」
天野マキ「国際社会事業教育学校連盟アジア太平洋会議」
<総会>
<昼食>
午後の部
<シンポジウム>
テーマ「外国人労働者をめぐる光と影」
司会
藤木三千人
西山茂
報告者
山下袈裟男(東洋大学)[問題提起]
上村悦子(豊島区外国人相談コーナー)[中国人について]
喜多川豊字(東洋大学)[日系ブラジル人について]
前沢檀(渋谷労政事務所)[労働の側面について]
後藤千春(都立駒込病院)[医療面について]
大倉健宏(東洋大学大学院)[地域生活・教育側面について]
池田英夫(文京福祉事務所)[福祉面について]
市川藤雄・小林清美(荒川区役所)[行政面について]
<記念講演>
リロイ・アンダーソン(モンタナ大学)「アメリカの社会問題―移民問題と関連して」
通訳
細井洋子
<懇親会>
泰平飯店


第10回
1992年12月12日(土)東洋大学白山校舎甫水会館
午前の部
<自由報告>
司会
川池智子
報告者
児島亜希子(東洋大学大学院社会学研究科)「福祉供給サービスの多元化めぐる議論に関する一考察~公私ミックス論の展望と課題」
高梨真生子(東京医科歯科大学公衆衛生学教室)「老人保健施設男現状と課題~千葉市S老健施設の事例を通して~」
司会
松本誠一
報告者
穴田義孝(明治大学)「在外研究(ロンドン大学)より帰って」
<総会>
<昼食>
午後の部
<シンポジウム>
テーマ「日本の社会をめぐる諸理論―その検討と可能性」
司会
山手茂
田中豊治
報告者
清水浩昭(流通経済大学)[家族分野―日本家族論の検討]
大坪省三(東洋大学)[地域分野―戦後日本地域問題史考]
安藤喜久雄(駒澤大学)[産業分野―日本的経営の理論と現実]
杉本貴代栄(長野県短期大学)[社会福祉とフェミニズム―フェミニスト・パースペクティブがなぜ必要か?―]
コメンテーター
宮里進勇(清和女子短期大学)
岡本耕平(東洋大学)
森田明美(清和女子短期大学)
紀葉子(東洋大学)
<記念講演>
司会
藤木三千人
講演者
塚本哲人(東北大学名誉教授)「揺籃期の社会学科」
<懇親会>
泰平飯店


第11回
1993年12月4日(土)
<記念講演>
講演者
杉政孝「応用社会学の展開をめざして」
<学位取得記念講演>
田中豊治「地方行政官僚制における組織改革の社会学的研究」
<シンポジウム>
テーマ「日本の社会をめぐる諸理論―その検討と理論 第2回」
司会
酒井俊二
穴田義孝
報告者
園田恭一「社会的構造の変化と保険医療社会学の課題」
小林幸一郎「複雑化する日本の組織現象を考える」
米田公丸「組織論について」
大倉雄之助「ソ連体制崩壊後のロシア研究」
高橋直之「冷戦後の民主主義問題」
コメンテーター
米林喜男
<自由報告>
堀口久五郎「保健所デイケアの現状と課題―東京都の事例」
奥間葉子「韓国の契についての一考察―農村と都市における事例を中心に」


第12回
1994年12月17日(土)
<学位取得記念講演>
テーマ「マスコミ研究における最近の動向について―アクティブ・オーディエンス論をめぐって」
講演者
高橋直之
<パネル・ティスカッション>
テーマ「地域福祉と世代間共生」
司会
高橋重宏
報告者
森本佳樹「地域福祉と福祉情報」
渡辺裕美「介護方法をめぐって」
平野かよ子「サービスの受け手と提供者の共生をめぐって―セルフ・ヘルプグループと保健・福祉支援職」
大友信勝
<自由報告>
瀧沢健次「賽神のクライアントに関する考察―大阪朝鮮寺の事例を中心に」
結城俊哉「社会福祉実践のための臨床的調査面接技法の開発―食卓回想インタビューの経験」


第13回
1995年12月16日(土)東洋大学白山スカイホール
午前の部
<自由報告>9:30~11:30
城正子(東京専売病院)「酸素療法患者の自宅生活支援に関する一考察」
小柳恵子(上尾市家庭児童相談室)「共依存と依存」
井上治代(大学院博士前期課程社会学専攻)「家族の不連続化と先祖祭祀の変容―新潟県西蒲原郡M寺の檀家調査を中心に―」
中山裕人(85年博士前期課程社会学専攻修了)「魅力ある農業とは何か」
<総会>11:30~12:00
午後の部
<講演>13:00~14:00
一番々瀬康子(東洋大学社会学部教授)「社会福祉の戦後50年」
<パネル・ディスカッション>14:00~17:00
テーマ「戦後50年と私」
司会
天野マキ(東洋大学)
宇都宮京子(東洋大学)
パネリスト
山下袈裟男(淑徳大学)
酒井俊二(中部学院大学)
菱山謙二(筑波大学)
新井克弥(法政大学非常勤講師)
<山下袈裟男監修、白山社会学会編(未来社刊)『日本社会論の再検討』出版記念会・懇親会>
東洋大学白山スカイホール


第14回
1996年12月7日(土)東洋大学白山校舎甫水会館
午前の部
<自由報告>10:00~12:00
司会
酒井出
報告者
島田肇(東洋大学大学院福祉社会システム専攻)「生活施設居住者自治会の人権擁護機能」
小宮信夫(東洋大学大学院社会学専攻博士後期課程)「犯罪とエスニシティをめぐる日英比較」
児島亜紀子(東洋大学大学院社会福祉学専攻博士後期課程)「ポスト福祉国家の福祉供給体制」
<昼食>12:00~13:00
午後の部
<総会>13:00~
<シンポジウム>
テーマ「世代と多文化社会」
司会
駒井洋(筑波大学)
シンポジスト
宮下裕一(老人ホームちば美香苑)「英国におけるエスニック・マイノリティの現状から日本が学ぶもの」
根橋正一(流通経済大学)「多文化主義の行方―中国の視点から」
松本誠一(東洋大学)「世代と多文化社会―カナダ・ケベック・モントリオール」
<懇親会>
かに谷


第15回
1997年12月13日(土)白山甫水会館
13:30~
<シンポジウム>
テーマ「社会学的発想法―課題・理論・方法―」
司会
日高安比古(東洋大学非常勤講師)
コーディネーター
細井洋子(東洋大学社会学部)
報告者
張江洋直(武蔵大学非常勤講師)「<ミクローマクロ問題>と世界の超越」
角田幹夫「社会科学と『理解』―解釈的社会科学から出発して」
井出裕久(大正大学人間学部社会学科専任講師)「社会調査論・再考―調査票調査における標準化と妥当性」
討論者
紀葉子(東洋大学社会学部)
宇都宮京子(東洋大学社会学部)
島崎哲彦(東洋大学社会学部)
<総会>
<懇親会>


第16回
1998年12月12日(土)白山校舎2号館16階スカイホール
午前の部
<自由報告>
横山豊治(東洋大学大学院社会福祉学専攻修士2年)「ソーシャルワーカー教育の現状と課題」
宮城道子(東洋大学大学院福祉社会システム専攻修了)「福祉分野における女性企業の展開と可能性」
山下興一郎(全国社会福祉協議会 地域福祉部)「社会福祉基礎構造改革における権利擁護システムの課題」
米山宗久(山梨県双葉町住民福祉課)「市町村福祉行政の現状と課題」
<昼食>12:00~13:00
午後の部
<総会>13:00~14:00
<フォーラム>14:10~17:30
テーマ「世代と宗教」
司会・コーディネーター
西山茂(東洋大学社会学部)
報告者
磯岡哲也(淑徳大学・東洋大学非常勤講師)「大学生の宗教意識」
武田道生(大正大学・東洋大学非常勤講師)「現代の宗教状況にみられる老いと家族」
井上治代(東洋大学短期大学非常勤講師)「死後の墓にみる家の宗教と世代」
<懇親会>17:45~20:00
同会場(食べ物1品持寄り制)

第17回
1999年12月18日(土)白山甫水会館
午前の部
<自由報告>10:45~12:00
司会:山本正司
亀田尚(福祉社会システム専攻修了)「今後の地域福祉の展開における自治体の役割についての一考察」
中里操夫(清和女子短期大学)「日本型福祉社会と社会保障制度―社会福祉基礎構造ならびに社会保障制度改革の動向と社会福祉学の課題」
<昼食会>12:00~13:20
<総会>13:20~14:00
午後の部
<シンポジウム>14:00~17:00
テーマ「世代と大衆文化」
司会
大島尚(東洋大学)
シンポジスト
川池秀明(大宮厚生病院)「精神障害者の生活と文化―慢性分裂病者の暮らし」
中里至正(東洋大学)「7カ国の親子関係―異質な日本の親子関係」
森田秀範(株式会社アジール)「地域振興における情報の流れ―影響の流れ」


第18回
2000年12月16日(土)東洋大学白山校舎新1号館4階1407教室
午前の部
<自由報告>10:00~
田中敦子(財・日本訪問看護振興財団事務局)「日本の初等教育におけるDeath Educationの必要性とその実践課題について」
チー・ナブチ(東洋大学大学院社会学研究科社会学専攻博士後期課程)「モンゴルの他界観について」
池田正敏(東洋大学社会学部教授)「フィリピンにおける新中間層の形成と社会的特性」
<総会>
<昼食>
午後の部
特別講演
山手茂「社会学・社会福祉学50年―私の研究者ネットワーク体験」
<シンポジウム>
テーマ「非行少年について「考える」」
コーディネーター
細井洋子
司会
松本恒之
シンポジスト
小柳武(法務省矯正局国際企画官)
真壁坤子(神奈川県警察少年相談員)
前田信一(都立教護院相談員)
矢部武(ジャーナリスト)
<懇親会>
白山白木屋


第19回
2001年12月22日(土)東洋大学白山校舎16階スカイホール
午前の部
<自由報告>10:00~12:00
1.伊達康博(社会学研究科博士後期課程1年)「情報社会学におけるベル理論の再検討」
2.藤山新(社会学研究科博士後期課程1年)「性同一性障害を通して“男女の平等”を考える」
3.伊藤正子(社会学研究科博士後期課程3年)「異文化間社会福祉援助類型化の試み」
4.丸山晃(鈴鹿国際大学短期大学部)「障害者の地域自立に向けた課題と展望」
<総会>12:00~13:00
<昼食>13:00~14:00
午後の部
<シンポジウム>14:00~17:30
主催:白山社会学会・東洋大学大学院社会学研究科福祉社会システム専攻
テーマ「福祉社会システム専攻の改革構想―リカレント型大学院のさらなる発展を求めて―」
シンポジスト
「福祉社会システム専攻の立場から」大友信勝(東洋大学)
「白山社会学会の立場から」清水浩昭(日本大学)
「二季の会の立場から」山中達也(川崎市リハビリテーション医療センター)
コメンテーター
「社会学研究科委員会の立場から」小林幸一郎(東洋大学大学院社会学研究科委員長)
「白山社会学会の立場から」米林喜男(順天堂大学)
「二季の会の立場から」中川知子(聖セシリア女子短期大学)
総合司会
大坪省三(福祉社会システム専攻主任)
<懇親会>
18:30~20:00


第20回
2002年12月21日(土)東洋大学白山校舎16階スカイホール
午前の部
<自由報告>10:00~11:25
A会場
1.横山寿世理(東洋大学大学院)「ベルクソンに見る社会的自我と個人的自我の相補関係」
2.原田健一(東洋大学大学院)「映画論としての『パーソナル・インフルエンス』~メディア・イノベーション論からの再構成~」
3. 土屋久(共立女子短期大学非常勤講師)「大正から昭和にかけての自我~沼波瓊音の言説を中心に~」
B会場
1.大竹信行(文教大学非常勤講師)「WohlとPolizei~ヘーゲルにおける二つの福祉概念」
2.伊達康博(東洋大学大学院)「情報社会における脱工業社会論」
<総会>11:30~12:30
午後の部
<トークセッション>14:00~17:30
テーマ「東洋大学における社会学の未来を語る」
話題提供者
  奥田道大(中央大学)、高橋直之(東洋大学)、原康(東洋大学)、広瀬英彦(東洋大学)
コーディネーター
  米林喜男(順天堂大学)、西山茂(東洋大学)
<懇親会>
18:30~20:00 同会場にて


第21回
2003年12月20日(土)東洋大学白山校舎16階スカイホール
<総会> 12:00~12:45
特別企画13:00~17:30
テーマ「東洋大学大学院社会学研究科で博士論文を書く」
13:00~14:00 朝倉江美「生活福祉と生活協同組合福祉」
14:00~14:45 主査・園田恭一教授のコメントおよび質疑応答
15:00~16:00 牧野修也「農家後継者の“教育戦略”と農民学習運動」
16:00~16:45 主査・小林幸一郎教授のコメントおよび質疑応答
<懇親会>
今年度は行われませんでした。


第22回
2004年12月18日(土)東洋大学白山校舎16階スカイホール
<総会> 13:00~13:45
<自由報告> 13:50~14:20
小林ゆき(社会学研究科福祉社会システム専攻)「〈モータースポーツの祝祭的文化〉化―マン島T.T.の事例」
特別企画 14:30~17:00
テーマ「東洋大学の社会学教育を考える」
報告 松本誠一「韓国:大学の外国学教育を通じて」
   小俣利男「ロシア:大学の地理教育を通じて」
   天野マキ「アメリカ:大学のソーシャルワーク教育を通じて」


第23回
2006年7月22日(土)13:00~17:30 東洋大学白山校舎5号館5202教室
開会の辞 古川孝順(東洋大学)
第一部 13:15~14:45
<自由報告>
司会 
田中豊治(佐賀大学)
討論者
大谷奈緒子(東洋大学)
小林良二(東洋大学)
酒井出(西九州大学)
報告者
西田恵子(神奈川県社会福祉協議会)「地域福祉における情報化問題―援助関係にみる情報の非対称性と規格化」
川島安博(明海大学)「地域メディアとしてのケーブルテレビ再考」
原田健一(東洋大学)「映像メディアをめぐる遊戯とリスク―ブルーマーの映画論の再検討をとおして」
第二部 15:00~16:30
石丸純一(いわき明星大学)
討論者
佐藤典子(東京大学)
北条英勝(武蔵野大学)
村尾祐美子(東洋大学)
報告者
安部英之助(東洋大学)「農業高校における地域連携教育の現状と課題―多元的農業教育の展望に向けて」
新津尚子(成城大学)「宗教的行為者の位置とその影響」
横山寿世理(聖学院大学)「不確定な自我と複数の自我―ベルグソンとアルヴァックスの記憶=時間論」
<総会>16:45~17:15
閉会の辞 島崎哲彦(東洋大学)17:15


第24回
2007年7月28日(土)13:00~17:30 東洋大学白山校舎3号館3203教室
13:00 開会の辞 米林喜男
<自由報告>
13:15~14:30 司会 酒井出 討論者 佐藤典子
田中智仁「警備業の社会史」
山路進吾「学力低下問題における学校と競争」
14:45~16:00 司会 田中豊治 討論者 新井克弥
渡辺芳「ホームレス支援に見る当事者の目線:ボランティアと当事者の間に」
小川祐喜子「C.H.クーリーの「自己感情」論の展開―公的領域の感情と私的領域の感情―」
16:15~17:30 司会 石丸純一 討論者 坪井健
大西克明「現世と排他―日連系新宗教と「宗教的排他性」の社会学的研究―」
寺田喜朗「台湾における生長の家の受容」
17:45~18:15 総会
18:15 閉会の辞 米林喜男
<懇親会>
18:30~20:30 東洋大学白山校舎2号館第一会議室

«  | ホーム |  »

プロフィール

白山社会学会

Author:白山社会学会
運営事務局
〒112-8606
東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部気付

事務局メールアドレス
hakusansoc@gmail.com
事務局メール対応
火曜日9:00~12:00

※下記カテゴリより選択して閲覧して下さい。

カテゴリ

お知らせ (15)
学会のご紹介 (1)
規約 (1)
役員一覧 (4)
年次大会 (13)
研究例会 (1)
白山社会学会の歴史 (2)
『白山社会学研究』投稿規定 (1)
『白山社会学研究』目次一覧 (6)
白山社会学会賞 (5)
未分類 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。